ポゼットはプリリジーと同じ成分を含んでいるジェネリックとなっているため、先発医薬品よりも安く使用することができます。当サイトではポゼットについて詳しく説明していきます。

錠剤と瓶と葉

早漏治療にポゼットが効く仕組みは主に脳内神経伝達物質のコントロールにより性的刺激を感じづらくすることによるものです。

まずポゼットの有効成分はダポキセチンという物質ですが、この薬は脳内において主に興奮を鎮める作用を持つセロトニンの再取り込みを防止する効果があります。
セロトニンの再取り込みとは精神を安定させるために一度分泌されたセロトニンがセロトニン受容体に到着した際に発生する現象で、一度分泌されたセロトニンが再び脳に取り込まれることによって脳全体におけるセロトニンの量のコントロールを行っています。
ポゼットはこのセロトニンの再取り込みを防止するすることで脳全体におけるセロトニンの量を間接的に増やしてやり、これによって脳が感じる興奮などを抑える効果があるわけです。
そしてポゼットに期待される早漏改善については脳が感じる射精感を抑えてやれば良いわけですから、ポゼットはセロトニンを増やして脳が感じる興奮を抑え込むことで早漏の改善という役割を果たしているのです。

こうした仕組み自体はポゼット特有のものではなく、SSRIと呼ばれる抗不安剤にはよく見られるものです。
SSRIが抗不安剤として用いられるのはセロトニンが脳内に増えることによってノルアドレナリンやドーパミンといった興奮・ストレスを感じさせる神経伝達物質の働きを抑え込むからであり、この仕組みはポゼットと共通していると言えます。
もちろん用途が違う以上は同じ薬であると扱うことは出来ないのですが、同じ作用がさまざまな場面で使用されていることを踏まえると効果自体に危険な部分は少ないと判断出来るでしょう。
特にポゼットの仕組みを見て行く上で「脳に作用する薬というのは危ないのではないのか」と誤解する人は多いため、適切に管理した上で使っているのならば特別危険であるわけではないということは知っておくべきことです。